Q1
境界標とはなんですか?
A1
土地の区切りに設置された標識で、その土地の所有者が使用できる範囲を客観的に定めたものです。
大切な財産を管理するためには、境界点に不動の永久標識を設置して維持管理することが大切です。境界標にはコンクリート杭、金属杭、プラスチック杭、木杭などがあります。境界標を設置することで、境界紛争がなくなり、売買などの取引がスムーズに行えるなどの利点があります。


Q2
お隣さんとの境界がわからない、
境界標が亡失した場合、どうしたらいい?
A2
境界標を亡失したり、初めから無い場合は、法務局備え付けの公図、地積測量図などいろいろな資料に基づいて調査し、隣接所有者から立会いしてもらい、確認を得て境界標を設置します。
境界標設置は登記には直接関係ありませんが、測量の結果、面積などが登記簿と相違があれば正しくしなければなりません。この場合、測量結果を明記した地積測量図を作成し、法務局に地積更正登記の申請をします。


Q3
自分の土地の面積を知りたい
A3
法務局備え付けの公図、地積測量図などいろいろな資料に基づいて調査し、境界を確定し、面積を決定します。
測量の結果、面積などが土地登記簿と相違あれば正しくしなければなりません。
この場合、測量結果を明記した地積測量図を作成し、法務局に地積更正登記の申請をします。


Q4
土地の一部を知人に売りたいが、どうしたらいい?
A4
まず、分筆登記という手続きが必要です。
一つの土地を数個に分ける測量を行い、売りたい土地の面積を確定してから売買契約を行います。
分筆登記、売買契約が完了し、初めて土地登記簿の所有者を変えることができ(所有権移転登記)、第三者に主張できるようになります。


Q5
亡くなった父の土地を相続人で分けたいが、
どうしたらいい?
A5
相続人全員で分筆の登記を申請することになりますから、通常は法定相続分に見合った割合で、分筆します。
しかし、それと異なる割合にするには相続人全員で協議し、遺産分割協議書を作成し、これに基づいて分筆し、個々の名義人に変えます。ただし、このような場合、相続が関係しますので、司法書士に相談した方が良いでしょう。


Q6
土地登記簿の地目が農地の土地に家を建てたいが、
どうしたらいい?
A6
最終的には建物の表示登記と土地の地目変更登記が必要です。
農地の場合は、農地法の適用を受けますので、ご質問の場合はまず農地法4条による農地転用許可が必要になります。その上で造成し住宅を建築することとなります。建築後は「宅地」への地目変更登記をしなければなりません。

TOP測量の流れ


Copyright(C) ASAHIKAWA SEKKEISOKURYOU Co.,Ltd. All rights reserved.